アルガンツリーの材料を絞ってでき上がるのが、アルガンオイルだ。これは、モロッコでは昔から肌の甦生体系があるとしてあり、火傷を負った際や、にきびのお手伝いといった、肌荒れが起きた時に使用されてきました。
近頃になると、こういうアルガンオイルは世界へと流通してばれるようになり、スキンケアはもちろんの事、栄養剤やネイルケア、空気お手伝い程度と、多岐にわたって活用されてある。
こういうアルガンオイルには4数々というビタミンEが含まれている事が、大きな特徴です。ビタミンEも抗酸化作用が良いという事で、若返りビタミンと呼ばれている原料だ。ビタミンEが不足すると、様々な身体の乱調が起こりますが、そのグループが、年齢や染みといった肌の揉め事となるのです。
アルガンオイルにおいておる4つのビタミンEは、以下の原料になります。
・α-トコフェロール
・β-トコフェロール
・γ-トコフェロール
・δ-トコフェロール
トコフェロールは、耐久性のある作用をもたらす働きがあります。そうして、これらの総混入分量というのが、オイーブオイルと比較すると何ダブルという分量が含まれているのです。これにより、身体の中に起こる細胞膜を貫き通し、若返りの作用というのが期待されているのです。
【新芽幹細胞から抽出】
アルガン幹細胞ファクターは、アルガンツリーが成長して出向く活発な新芽の箇所を採取して、幹細胞を人工培養、ファクター当たりをもと化したものになります。これを、アルガニアスピノサ芽細胞ファクターと呼びます。
植物由来幹細胞で有名なリンゴ幹細胞ファクターに次いで、ポピュラーな化粧品もととして、今では世界に流通してある。

ここでは、者幹細胞ファクターに関しまして解説していきます。
●者草分け幹細胞●
今ではよく耳にするようになったバイオテクノロジー。こういう補強というのは、今注目されている再現診療という原野をあっという間に押し上げ、進歩させてある。
幹細胞という名前の草分けは、発生における幹(stem)となるという所から名付けられたと言われています。
これはどういう事かというと、幹細胞そのものが、進化であったり甦生をするというシグナルを発して、各細胞へと伝達して行く事によって、目新しい細胞ができ上がるという事が草分けとなっているのです。
こういうシグナル対話として動いているものを、不自然に培養してもと化したものが、者幹細胞培養液なのです。
こういう中には、進化因子の他にも、セイトカインと呼ばれる、際立つ生理的活性作用を持っている、多くの原料が含まれているのです。
者草分け幹細胞に配合されている、主な進化素因は以下の通りです。
・EGF(スキン細胞進化素因)・
EGFは、スキン幹細胞において、スキン細胞を繰り返すようにというシグナルを出します。これによって、肌の入れ替わりを促す事が出来るので、染みやくすみを改善する効果が期待できます。
・FGF(維芽細胞進化素因)・
FGFは、真皮幹細胞において、線維芽細胞を繰り返すようにという促して行く働きがある結果、コラーゲンやエラスチン、SOD(抗酸化酵素)、ヒアルロン酸などを繁殖していきます。こういうはたらきにて、肌に弾力やハリが蘇り、シワやたるみを改善していきます。
・PDGF(血小板草分け進化素因)・
線維芽細胞を増やしていく働きがあります。foucaultplus.org